【サブPC 自宅サーバ化計画 CentOS7版】サービス(デーモン)の確認と不要なもの無効化

CentOS6 から 7 になって、サービス管理用のコマンドが変わっていたり、デフォルトで動いているサービスにも変化があるようだ。
なので、改めて調査し、不要なものを切り分けていく。

サービスの確認

有効になっているサービスの一覧は以下のコマンドで確認できる。

$ systemctl list-units --type=service

で出力結果は以下のとおり。

  UNIT                                   LOAD   ACTIVE SUB     DESCRIPTION
abrt-ccpp.service                      loaded active exited  Install ABRT coredump hook
abrt-oops.service                      loaded active running ABRT kernel log watcher
abrtd.service                          loaded active running ABRT Automated Bug Reporting Tool
atd.service                            loaded active running Job spooling tools
auditd.service                         loaded active running Security Auditing Service
chronyd.service                        loaded active running NTP client/server
crond.service                          loaded active running Command Scheduler
dbus.service                           loaded active running D-Bus System Message Bus
firewalld.service                      loaded active running firewalld - dynamic firewall daemon
getty@tty1.service                     loaded active running Getty on tty1
irqbalance.service                     loaded active running irqbalance daemon
kmod-static-nodes.service              loaded active exited  Create list of required static device nodes for the current kernel
ldconfig.service                       loaded active exited  Rebuild Dynamic Linker Cache
libstoragemgmt.service                 loaded active running libstoragemgmt plug-in server daemon
lvm2-lvmetad.service                   loaded active running LVM2 metadata daemon
lvm2-monitor.service                   loaded active exited  Monitoring of LVM2 mirrors, snapshots etc. using dmeventd or progress polling
lvm2-pvscan@8:18.service               loaded active exited  LVM2 PV scan on device 8:18
lvm2-pvscan@9:127.service              loaded active exited  LVM2 PV scan on device 9:127
mdmonitor.service                      loaded active running Software RAID monitoring and management
network.service                        loaded active exited  LSB: Bring up/down networking
NetworkManager.service                 loaded active running Network Manager
polkit.service                         loaded active running Authorization Manager
postfix.service                        loaded active running Postfix Mail Transport Agent
rhel-dmesg.service                     loaded active exited  Dump dmesg to /var/log/dmesg
rhel-import-state.service              loaded active exited  Import network configuration from initramfs
rhel-readonly.service                  loaded active exited  Configure read-only root support
● rngd.service                           loaded failed failed  Hardware RNG Entropy Gatherer Daemon
rsyslog.service                        loaded active running System Logging Service
smartd.service                         loaded active running Self Monitoring and Reporting Technology (SMART) Daemon
sshd.service                           loaded active running OpenSSH server daemon
sysstat.service                        loaded active exited  Resets System Activity Logs
systemd-hwdb-update.service            loaded active exited  Rebuild Hardware Database
systemd-journal-catalog-update.service loaded active exited  Rebuild Journal Catalog
systemd-journal-flush.service          loaded active exited  Flush Journal to Persistent Storage
systemd-journald.service               loaded active running Journal Service
systemd-logind.service                 loaded active running Login Service
systemd-random-seed.service            loaded active exited  Load/Save Random Seed
systemd-readahead-collect.service      loaded active exited  Collect Read-Ahead Data
systemd-remount-fs.service             loaded active exited  Remount Root and Kernel File Systems
systemd-sysctl.service                 loaded active exited  Apply Kernel Variables
systemd-tmpfiles-setup-dev.service     loaded active exited  Create Static Device Nodes in /dev
systemd-tmpfiles-setup.service         loaded active exited  Create Volatile Files and Directories
systemd-udev-settle.service            loaded active exited  udev Wait for Complete Device Initialization
systemd-udev-trigger.service           loaded active exited  udev Coldplug all Devices
systemd-udevd.service                  loaded active running udev Kernel Device Manager
systemd-update-done.service            loaded active exited  Update is Completed
systemd-update-utmp.service            loaded active exited  Update UTMP about System Boot/Shutdown
systemd-user-sessions.service          loaded active exited  Permit User Sessions
systemd-vconsole-setup.service         loaded active exited  Setup Virtual Console
tuned.service                          loaded active running Dynamic System Tuning Daemon
wpa_supplicant.service                 loaded active running WPA Supplicant daemon
yum-cron.service                       loaded active exited  Run automatic yum updates as a cron job

LOAD   = Reflects whether the unit definition was properly loaded.
ACTIVE = The high-level unit activation state, i.e. generalization of SUB.
SUB    = The low-level unit activation state, values depend on unit type.

52 loaded units listed. Pass --all to see loaded but inactive units, too.
To show all installed unit files use 'systemctl list-unit-files'.

なんか、1つコケてるのあるし・・・

各サービスの要否判断

サービス名 概要 要否
abrt-ccpp.service
abrt-oops.service
abrtd.service
自動バグ報告ツール (Automatic Bug Reporting Tool) は通常 ABRT と呼ばれるツールセットで、ユーザーがアプリケーションクラッシュを検出し報告する手助けとなるように設計されています。
RHEL 7 システムの管理者ガイド より)
開発用・実験用サーバーとして使うので、有効にしておく。
atd.service AT & BATCH の両コマンドを使用するために必要なサービス。
cronと違い、1回限りのタスクのスケジューリング用。
cronがあれば不要か。
必要になりそうであれば、その時起動すれば良さげ。
auditd.service いわゆる、システム監査用の『監査証跡』を残すためのサービス。 個人的に使うサーバーに監査証跡が必要かと言われると疑問。
ひとまず、不要としておく。
chronyd.service NTPクライアント/サーバーで、時刻同期のための機能。 必要としておく。
crond.service 定期的に実行するタスクのスケジューリングサービス。 必要。
dbus.service アプリケーション間で通信を行う「プロセス間通信」のためのサービス。 必要。
firewalld.service CentOS6までの「iptables」に替わる、ファイアーウォールサービス。 検証・実験目的のサーバーなので、ひとまず不要としておき、必要があれば有効にする。
getty@tty1.service ターミナル制御のためのサービス。 必要。
irqbalance.service 『割り込み制御』のためのサービス。 マルチCPU環境や、マルチコアCPUの場合は必要らしい。
kmod-static-nodes.service 現在のカーネルに必要な静的デバイスノードのリストを作成します。(DESCRIPTIONの内容を直訳 必要。
ldconfig.service 共有ライブラリの『キャッシュ』を管理するサービス。 必要。
libstoragemgmt.service 「外部アレイ管理パッケージ」とのこと。 現時点では判断つかず。
lvm2-lvmetad.service
lvm2-monitor.service or progress polling
lvm2-pvscan@8:18.service
lvm2-pvscan@9:127.service
LVN関連の各種サービス LVMを使っているなら必要。
mdmonitor.service ソフトウェアRAIDの管理・モニタリングサービス RAIDを使っているので必要。
network.service
NetworkManager.service
ネットワーク関連の基本的なサービス 完全スタンドアロンでもない限り必要。
polkit.service 認証サービス 必要。
postfix.service いわゆるメールサーバーPostfixのサービス。 当面は不要。
rhel-dmesg.service ダンプファイルをログ(/var/log/dmesg)に残すためのサービス。 おそらく必要。
rhel-import-state.service 『ミニルート』とも呼ばれる『initramfs』というファイルシステムからネットワーク設定をインポートする。。。らしい。 おそらく必要。
rhel-readonly.service ルート直下を読み込み専用にするためのサービス。 おそらく必要。
rngd.service ハードウェア側の機能で乱数を発生させて、認証などに使うためのサービス。(いわゆるワンタイムパスワードの類か) おそらく不要。
rsyslog.service システムログを記録するサービス。 必要。
smartd.service HDDの自己診断機能を利用するためのサービス。 必要。
sshd.service SSHでリモート操作するために必要なサービス。 必要。
sysstat.service システムの様々な情報を取得するためのサービス 必要。
systemd-**.service systemd自体はCentOS7のシステムサービスマネージャー。
“systemd-“で始まる名称のサービスが多数起動している。
個別に見ていけば、不要なものもあるかもしれないが、そのままにしておく。
tuned.service Tuned は、udev を使用して接続されたデバイスを監視し、選択されたプロファイルに従ってシステム設定を動的にチューニングするデーモンです。
RHEL 7 電力管理ガイド より)
必要。
wpa_supplicant.service WPE、WPA、WPA2のワイヤレス通信暗号化のための機能。 据え置き型サーバーで無線LANを使っていないので不要。

結果、以下の6つのサービスを止めて、再起動。

sudo systemctl disable atd.service
sudo systemctl disable auditd.service
sudo systemctl disable firewalld.service
sudo systemctl disable postfix.service
sudo systemctl disable rngd.service
sudo systemctl disable wpa_supplicant.service

コメント

タイトルとURLをコピーしました